週刊少年ジャンプ2018年48号の感想


スポンサーリンク

ワールドトリガー連載再開記念号!

ワールドトリガー

葦原先生お帰りなさい!今日という日をどれだけ待ちわびたか・・!
正直言うと、首の神経をやっちゃった(正式な病名忘れた)と紙面で告知されて無期限休載に入った時は「もう続き読めないかもな・・・作画は別の人に任せて続けてくれたら御の字」と思っていました。なので、ジャンプSQに移籍するとは言え、「葦原先生作画のワールドトリガー」を再び読めて、こうして自分のブログで感想を書けることに物凄い喜びを感じています。なんせ読み切り「ROOM303」からのファンなもので。

さて感想。
玉狛第二にヒュースが加入して初のB級ランク戦が始まるところでした。
このランク戦の勝敗はネイバー遠征が懸かっているのでとーっても大事。レプリカ奪還、千佳の兄探し、ヒュースの帰省、と玉狛第二にとってやらねばならぬ事がたくさんあるわけですね。
しかし言い得ぬ不安を抱える修。これは何の伏線なんですかね?
大きな変化といえばヒュースの加入な訳ですが、ヒュースが謀反する理由は無いですし、修の指示は聞かずに単独行動に走るかも知れませんが、大事ではないでしょう。
不安を抱える修を「視て」迅さんは「揺れるな」と一言。迅さんは「未来予知」のサイドエフェクトを持っています。なので修が危惧している「何か」は視えているはず。それを踏まえた上での「揺れるな」。何でしょうね、さっぱり予想が付きません。

実況は初お目見えの片桐隊オペレーター結束さん。美人!犬飼先輩との掛け合いを見ていると、しょっちゅう真面目いじりされてそうですね。
もうひとりの解説は嵐山さん。超期待。

ヒュース加入に対する各隊のリアクション。
東隊:東さん(25歳)の落ち着きっぷりは相変わらずオッサンのそれですよね。いや、でも社会人3年目と考えればまぁ・・・やっぱり落ち着きすぎでしょ。
影浦隊:ゾエさんが「B級にいたっけ?」と聞いてるのに「イケメンじゃん!」とスルーする光ちゃんのやり取りが自然すぎてゾエさんが不憫・・・。そして隠し玉にも動じないユズル。「俺が千佳を守る!」モードに入ってるので本領発揮してくれそうで楽しみ。
鈴鳴第一:村上先輩は「強化睡眠記憶」のサイドエフェクト持ちですがヒュースとは手合わせしていないので、今回に限ってはヒュースに分がありそうですね。来馬先輩は安定の汗。

しかし太一の言う鈴鳴の新フォーメーションとは?来馬先輩が「MAPはこのまま?」と確認してるので、それに合わせたもの・・・いやいや、村上先輩が「ログで予習してるだろう」と言っているので初披露ってことでは無いみたいですが。
肝心のステージは大型建物ばかりの市街地D。縦の広さがあるのが特徴でスナイバーは外から狙いにくい。
遊真の「鈴鳴にもスナイパーがいるのに」というセリフから、太一は遠距離から中距離転向でもしたんでしょうか。栞ちゃんが言うスナイパー対策のステージ選択って訳ではないみたいですし。でも太一が中距離になってもすぐ落ちそう・・・。
ゾエさんはどう動きますかね?前みたいな適当メテオラを外から屋内に向けて撃つ?そうすると運任せにはなるものの、修にとってはワイヤー荒らされるので嫌な相手になりそう。
東さんは前みたいな壁越しショットは無いみたいですが、スナイパー不利マップでどう動くか。コアラ、奥寺はメテオラで荒らしつつ孤月で仕留める感じですかね。
屋内戦だと修のワイヤーは張りやすくて中々良い働きをしそう。ヒュースのエスクードも機能しやすそうですね。防壁としてだけでなくて迅がヒュースに使ったみたく攻撃的戦法もアリですし。

さてさて、マップ決定を踏まえて修はどう作戦を立てるか?まずは合流目指してワイヤー陣作成でしょうが・・。
ええーと、まだワートリだけの感想で1500字を突破したので次に移りますね。

僕のヒーローアカデミア

シリアスなのに既読スルーされてるエンデヴァーは笑うww

骨抜の個性、氷まで適応されるんですね。原理的には分子構造からフニャーンと揺らがせる感じでしょうか。強いですね。やろうと思えば対人にも使えるのでは?あ、生物には無効だそうで。
飯田くんは常時レシプロが可能になったそうですが、オレンジジュースの消費量が倍増してそうですね。

「さぐりちゃん探検隊」の、あきやま先生が今回もヘルプに入ってますが、堀越先生大丈夫かな・・無理しないで下さいませ。

鬼滅の刃

相変わらずテンポよく炭治郎は全快して柱訓練へ合流。柱訓練もテンポよくポンポン進む。1柱につき1話とか使っても全然いいんですけどね、そこんところ鬼滅は早いんですよね。

蜜璃ちゃんのところ、「このような服」てwそして「柔軟は地獄」のところ、どう見てもご褒美・・・まーた朝から何言ってるんですかね私は。
小芭内と蜜璃ちゃんが文通している事が判明。文通?!
靴下プレゼントの件から小芭内と蜜璃ちゃんの関係性が話題になっていた訳ですが、「馴れ馴れしく喋るな」とかどう見ても嫉妬してるとしか。。。いや待て、やっぱり小芭内と蜜璃ちゃんは親類で、小芭内は親心的に蜜璃ちゃんを見ているのかも知れませんね。恋愛感情って感じでは、何となくですけど違う気がします。前にも感想で書いた気がする。
小芭内の訓練は水の呼吸の使い手なら得意そうですね。てか蛇の呼吸が水からの派生だから、そりゃそうか。

そして安定の善逸ですよ。アニメの声はどんなになるのかワクワクですよね、今週のセリフとか見てるとね。何卒!
しっかし文字面だけで五月蝿いなww

「俺も貴方を認めてないので!」キリッ
炭治郎強い子・・!よく言ったよ、禰豆子刺したもんね!それでもちゃんと敬語使っているあたり炭治郎は偉い。
不死川は風の呼吸ってことで、兎に角ブンブン丸って感じの戦闘スタイルなんですかね。風というか暴風って感じ。
玄弥と不死川の関係はここできましたか。面と向かって玄弥を否定するって余程ですよね。なぜここまで・・・。

ハイキュー!!

コート横からの見開きは思わず息を呑みました。
で!連続見開きで練習試合の光景ですよ!この演出は凄いなぁ。烏野も音駒も「いつも通り」プレーしてるんですね。春高という最高の舞台で。勝敗が決まった後の両者の反応も、いつも通り。というか烏野が皆ゲンナリしてて笑いますわ。
いやーーでも研磨の言う通り、面白かった!です。

呪術廻戦

扉絵で海外に言っている乙骨の描写が。これはどのあたり?東南アジアか南米ですかね、南米かな?一緒にいる外人さんは通訳兼、窓?シャーマンっぽい感じもしますけどね。

交流戦1日目は団体戦。区画内に放たれた二級呪霊を先に祓ったチームが勝ち。おお、なんと王道。
五条先生が夜蛾学長にスリーパーホールドかまされてるのは虎杖の件ですよね。流石に学長には頭が上がらないようで。

各校ミーティングタイム。
東京サイド
野薔薇ちゃんが先週に続き大変可愛い。
虎杖の先輩に対する反応がもうね、笑うよね。そりゃパンダが喋ればビビるし、唐突におにぎりの具を言われてもわかんないですよね。そんでパンダ先輩についてはやっぱり説明が無くてね、笑うよね。

「棘のはそういう次元じゃねーから」
うん、やっぱり呪言ってハイレベルですよね。分かってても対処方法が限られちゃいますし。さらっとした会話で強能力とわかるのが良い。

と、屠坐魔(とざま)ーーーー!!!虎杖死亡ショックですっかり忘れてましたが、特級君に壊されたんでしたね。というかキッチリ回収してくるとは思わなんだ。

ステゴロだと虎杖>東堂と見る伏黒。マジですか、東堂も大概の化物っぷりでしたけどね。まぁステゴロする訳じゃないので参考までですが、虎杖の凄さがよくわかりました。鉄球ピッチャー投げする時点でヤベェ奴でしたけどね。

京都サイド
「虎杖は殺せ アレは人ではない」
うっへ!!ド直球できましたね。まだ初日なんですけど。もう京都校は交流戦とかどうでも良くて、虎杖抹消が目的で来てますねコレ。
呪術師の死⇨呪いに転ずる⇨防ぐためには呪力で殺す必要あり
んー、てことは呪霊に殺された呪術師は呪霊になっちゃっうんですね?意識とかはどうなるんでしょう。真人達みたく自我を持つには相当の術師じゃないと無理とかそんな感じですかね。

「録画すればいい」
「リアタイと両方観るんだよ」
主人公殺す、とかいう超シリアスな話してるのに東堂はどうしようもねぇな・・・。強者ゆえ許される傍若無人。ハンタのメルエム(初期~中期)を連想してしまいました。もはや人ではないよ、京都のお爺ちゃん。

東堂は単独行動決定し、虎杖殺害について話し合う京都校メンバー。この子ら高校生でしょ?なんで普通に殺す体で話せるんだ?ああ、呪術師はイカれてるんでしたね。まともなのは五条フォロワー三輪さんくらいか。いや本当に「マジでやんのぉ?」ですよ。貴女はまともだ。

「加茂家」も呪術師の家系としては有名みたいですね。禪院家と派閥争いとかありそう。
敵サイドからも呪言師の強さ描写入りました。いいねいいね。でも加茂が「来ると分かっていればそこまで怖くない」と言ってますが、耳栓するとかそういうレベルではないですよね。ん?耳栓してようが、棘の言葉自体に力がこもるので意味ないですよね?単に予想ですけど。
真依パイセン怒られてやんの、ザマァ。

高専に内通者あり。
あ、そうか。内通者が居ないと虎杖が宿儺の器だとか、そういう事まで分からないですもんね。
「呪詛師とだけ通じてるつもりかもね」
夏油と通じてる輩がいる、と。それであれば、夏油は既に蜂起したことがある訳ですから「夏油によるテロ後に高専に入り込んだ人間」まで絞れそうですね。とは言え、これは読者視点なので五条先生たちには分からない。まぁまだ高専関係者がそこまで登場していないので、今後の登場キャラに紛れてるのかなーと思いましたが、「生徒」である可能性もあり得るのか。東京勢は前日譚があったのでシロ確定。京都勢は分からないですね。
歌姫先生のお茶ぶん投げに対して無限使ってる五条先生ワロスww

最小限の口数で虎杖を案じる伏黒。この2人の関係性良いですね、何か通じてるものがあるというか。死線くぐってますもんね。

パンダ先輩、手甲つけてるので虎杖みたく呪力つかった格闘タイプでしょうか。手甲自体が呪具の可能性もあり、か。
というか交流戦、てっきり個人戦から始まると思ってたので団体戦が意外ですごい楽しみです。

HUNTERXHUNTER

考察するテータ。やはりツェリードニヒのは幻覚能力みたいですね。でもミスリードだったりして。
ツェリードニヒの最後のセリフ、自分の能力を完全に把握できている感じですね。

ハルケンブルグの能力は果たして・・?普通に考えれば③かな、と思うんですけど、そうなると手のつけようが無い気がするんですよね。ベンジャミンサイドが「最も危険」としましたが、どう出るか?派兵してもシカクの二の舞になりますもんね。ただ、ベンジャミンの守護霊獣は能力未定なので、その辺でなんとかなるのかな?

アクタージュ

てっきりアキラ君で崩れるのか、と思わせといて七生が崩れましたか。これはちょっと予想外でしたね。
阿良也を導いたように、七生もまた夜凪が導くんでしょうか。それともアキラが?
「僕と共演なので」はフラグかなーと個人的願望。アキラ覚醒で乗り切るに一票。

次回、またCカラー!!ちょっと前に2週連続Cカラーやったばかりですよ。プッシュが凄いですね、もちろんそれに見合った面白さがあります。

まとめ

当ブログで最高文字数を記録したと思います。ほとんどワートリと呪術廻戦のおかげですね!
うおー!!めっちゃ書いたぞジョジョー!!(叫ぶ時はとりあえずジョジョをつける)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です