週刊少年ジャンプ2018年45号の感想


スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア

黒色は女子にはコミュ障なあたり素晴らしい厨二病っぷり。
物間は小森のことを「戦闘能力低い」と言っていたけど、呼吸器系攻撃は中々に強力だと思いますよ。タネが分かっていればマスク着用とかで対処可能ですけど初見じゃ防げないでしょうし。あーでも種別的には攻防ダウンのデバフ技ってとこですかね。それでも強いけども。
呼吸器系といえばヴィラン連合にも毒ガス個性いましたね。何気にこの漫画は初見殺し能力が多くて楽しいです。

八百万が味方サポートだけでなくて拳藤の行動封じもやっていたのがポイント高し。
葉隠は攻撃が徒手空拳になっちゃうので対ヴィランを考えると密偵向きですね。

ブラック・クローバー

ノエル超有能・・・!!
わりと勢いで解決していく印象のブラクロですが今回は理詰めなのが良かったです。ヴァルキリードレス作画大変そうですけどめっちゃ格好いい!

アクタージュ

2週連続Cカラー、今週は劇中劇のポスター。ボーイッシュ夜凪も良きかな。

アキラ君は巌さんの指導で覚醒するかと思いきや、メガネくんの「全部顔に出していこうぜ」っていう台詞で吹っ切れったっぽいですね。思いの外、掘り下げられなかったな・・・。本番で「おおっ?!」ってなる感じでしょうか。

無自覚に「幸せ」を理解する巌さん。何が幸せかなんて、死を間近にした時になってようやく理解できるものなのかも知れませんね。「銀河鉄道の夜」がバチッとストーリーにハマってて上手いなぁと思いました。

さてラストの夜凪の眼、いつもと違うのは「死者」になったからでしょう。死者になった夜凪がどんな演技を魅せるのか、漫画としてどのように魅せるのか、とても楽しみです。

鬼滅の刃

女子にあーんされて赤面玄弥が表紙。どんどん人間味に溢れていきますね。

さて柱合会議の続き、痣の発現方法について。
心拍数200以上・体温39℃以上に耐えられる者は痣が発現する、という冷静すぎる無一郎の分析に心底ビックリしている蜜璃ちゃんが可愛いですね。
体温はともかく心拍数200以上はヤバいですよね。ググってみたらアスリートが運動強度を設定するときの心拍数が「208‐0.7×年齢」らしいので、若い柱と言えども心臓にめっちゃくちゃ負荷を掛け続けることになるので、しのぶさんが驚くのも納得。

「痣が発現した方は どなたも例外なくー・・・」
「短命になる」かな?と考えたのですが、憎しみ鬼が蜜璃ちゃんの痣を見て「鬼の模様に似ている」と言っていたので、もうちょっと何かありそうな感じですね。

言葉が足りない義勇さん。いやコレ、マジで足りてねぇよ。そりゃ皆さんブチギレますわ。コミュ障にも程があるぞ義勇よ・・。
「俺はお前たちとは違う」
この台詞は何か引け目を感じているの感じがしました。小芭内に「柱としての自覚が足りぬ」と言われていますが、柱であることを申し訳なく、あるいは自分が柱であってはいけない、そんな風に思っているのではないでしょうか。心の中ではきっと饒舌なんだろうなぁ笑
1話で炭治郎たちの元に現れたことと関係している・・・_?

炭治郎やっぱり骨折れまくりなのね。しかし、かなり穏やかでも話の通じない鋼鐡塚さんのせいでギャグパートになってしまった笑

さて伊之助再登場!そして合同強化訓練!
得体の知れない悲鳴嶼さんが発案したんでしょうね。柱と隊士が合同になると思うんですけど、今まで見れなかった絡みが見れそうで物凄い楽しみ。宇随さんも指南役で出てきたりしないかな?

呪術廻戦

ナナミンは領域展開が使えないことが判明。しかし、その言い方がちょっと気になります。
「私の到達できなかった呪術の極致」
ナナミンもまだまだ若い方だと思うんですけど、訓練次第で取得できるものでは無いんでしょうか?術式が生まれつき備わっているものなので、領域展開も素養が必要なのかもですね。

真人の掌の上、から始まるナナミンの過去回想・・・あっ、覚悟しなきゃいけないやつだ。

『ありがとう』「生き甲斐などというものとは無縁の人間だと思っていた」

私も仕事柄ちょくちょく「ありがとう」と言って頂けるんですけど、ものすごいパワーを秘めているんですよね、ありがとうっていう単語ただ一つに。なのでナナミンのこの一連の流れにはウンウン頷きながら読みました。

「悔いはない」
~ッ!!!恐れつつページを捲ったら登場する虎杖マジ主人公!!
そして宿儺ッ!!これは本当に予想外でしたよ、こうきたかー!宿儺最高オブ最高!(ラスボス

無量空処、自閉円頓裹は「相手を領域に引き入れた時点で勝ちが確定」
さらっと凄く大事な説明が天の声で入りましたね。こうなると真人の相手はマジで虎杖じゃないと無理、というか虎杖不在で真人とエンカウントしたキャラは「グニャア」確定・・?

しかし宿儺、本当に伏黒お気に入りなのね笑

HUNTERXHUNTER

フウゲツの守護霊獣登場してないね?っていうのは思っていたんですが、移動能力自体が霊獣だったんですね。

そしてカチョウ・・・この守護霊獣の能力は具現化系に近いものでしょうか。たぶん宿主であるカチョウの死に際の身体をまるごとコピーしているので、思考回路とかが繋がっているのでしょうが、今後の思考・判断とかはどうなっていくんでしょうね。フウゲツの守護第一に考えるのか。成長はどうなる?とか、護るっていうのは念での攻撃からも?とか。あー、死後強まる念と思えば敵の念からも護れるのかな。しかし、そうなると継承線でのフウゲツ生存確定なんでしょうか?そんな短絡的なことは無いと思いますが。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です