週刊少年ジャンプ2018年41号の感想


スポンサーリンク

呪術廻戦

吉野の術式は海月の式神「澱月(おりづき)」を介した毒攻撃。
しかし虎杖には何故か毒が通用しない。なぜ?
1話で伏黒が宿儺の指を「猛毒」と言っていましたね。虎杖は呪物・呪力に由来する「毒」に対して100%耐性があるのかも知れません。
相対するのが虎杖でなかったら、虎杖に毒耐性が無かったら、おそらく吉野は人を殺めてしまい堕ちて帰ってこれなくなっていたでしょう。吉野にとって虎杖は「天敵」であり「救世主」でもあったんですね。
ここまでくれば高専行きは確定でしょう、生き延びさえすれば・・・。

さて、吉野の術式習得には真人のサポートがあったことが明確になりました。
真人には虎杖と吉野をかち合わせる目論見があった。これは虎杖の毒耐性を見越してのことだったのでしょうか?宿儺の器たりうる人間であれば、吉野の毒程度で死にはしない、と。うーん、ちょっと雑すぎる感が否めないですね。毒、といっても即死効果の毒は扱えないんでしょうか。メタ視線で言うと即死毒はチート過ぎますしね。
毒で虎杖の意識が弱まれば儲けもの、くらいの認識なのかもしれません。

ついに虎杖の前に姿を現す真人。
「虎杖に宿儺優位の縛りを科す」ために起こす行動は。あれ?吉野にものすごい死亡フラグ立ってませんかね。
眼の前で吉野惨殺、いや違う。吉野を「改造」強化して虎杖と闘わせて、肉体・精神ともにダメージを与えて虎杖の魂を揺さぶり、そこに付け入って宿儺優位を作り出す?次週も怖い。。。

呪術師の昇級について
どうやら上位呪術師による推薦が必要なようで。猪野さんは昇級の話が出て喜んでいますが、お給料的な面ですかね?
しかし七海先生が任せるってことは、そこそこ強いんでしょうね。間接的な強者表現いいですよね。

鬼滅の刃

善逸久しぶり!!
雷の呼吸、炭治郎使えるようになっちゃったね!まぁ日の呼吸の使い手だし長男だし主人公だし、めげるな善逸!
そして炭治郎のNew日輪刀!刃紋が煉獄さんっぽくてウオオゥ・・・。
いやーしかし肆も倒しちゃいましたね。一夜にして上弦が2体も倒されるという非常事態。
たぶんですけど鬼滅民が一番危惧しているのは鬼舞辻カンパニーの社員たちへ対する無惨様の仕打ちだと思うんですよね。また呼び出されちゃうんだろうか・・・。真顔猗窩座みたら笑ってしまう自信がある。

玄弥の「禰豆子」呼びとか、鋼鐡塚さんは相変わらずなところとか、時任くんと小鉄くんも割と元気そうなこととか、色々良かったですね。

アクタージュ

デ、デート回じゃないか!!!!(錯乱)

「初めから君は私のカムパネルラじゃん」
千世子ちゃんいいなぁ、自然にスッと夜凪を引き上げてくれる感じ。

「星が見えるの?」
「?」「うん」

夜凪、もうカムパネルラになっている・・・恐ろしい子!

よし、夜凪パワーアップイベントも終わったし次はアキラくん覚醒いb・・・あれ?あー、まだ溜めるのね?そうなのね?覚醒イベントあるよね・・・?

相変わらずアクタージュの感想は難しいですね。すげー面白いんですけど言語化がなかなかどうして。

※すごくどうでもいい追記
昨日1巻をKindleで買いましたところ、夜凪が最初からずーっと可愛かったです。
途中から「あらカワイイ」と思い始めたと思っていたんですが、最初からずーっと可愛かったです。(大事なので2回いいました。

Dr.STONE

杠のミッションが遂に明らかになった訳ですが、正直言って全然推察していなくて「何だろうな~」くらいに思っていたんですが、想像の100倍くらい凄くて鳥肌モノでしたね!司の動向を何やかんやするのかとばかり思っていました。
右京くんが代弁してくれてますけど本当に狂気ですよ。スゲェ・・・もうスゲェとしか言えないです。
今まで石の感想全然書いてなかったですけど、大好きですよ石。

HUNTERXHUNTER

再開!ひゃっほーーーう!考察が忙しくなりますな!
どんな展開になってましたかね。フウゲツ王子の転移?能力の検討をしていた気がします。蜘蛛も動いてましたね。あはぁ楽しみ・・・。

まとめ

出勤前にドタバタと感想を書き散らかして終わっていたので、石以降の分は帰宅後に書き足しました。
予想より多い方に呼んで頂いていて、中には前号の感想まで遡って呼んで下さっている方もいて幸せでございます。
コメントとか感想の感想とか頂けるともっと幸せ!なのでお気軽にコメントしていって下さいませ!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です