私が薬剤師としてブログを書いている理由【#立てよ薬剤師】


スポンサーリンク

薬剤師の波波です。

今日はわたくし波波が、なぜ「薬剤師として」ブログを書いているかについて、つらつらと書いていきます。

その前に、記事タイトルのコレ→【#立てよ薬剤師】ですが、Twitterされている方はピンとくるハズ。
そう、ハッシュタグです。
今すぐ検索してみて下さい。そこには素晴らしい光景が広がっていることでしょう。
・・・え?Twitterやっていない?
「Twitter 始め方」でグーグル先生に教えてもらって、適当にアカウント作ってきて下さい。今すぐにです。
どうですか?見てきましたか?

薬剤師トップブロガーが勢揃い!!!

【立てよ薬剤師 第2弾】皆さんのブログをまとめてみた

そしてそこに紛れている波波ブログの場違い感!!!

現時点(9/15)では本記事の下書きを書いている訳ですが、もう視えるんです。私の場違い感が。
あ、一応申し上げておきますが勝手に紛れ込んでいる訳ではありませんよ?ちゃーんとお声掛け頂いた上で参加しています。
でも正直言うとですね、何で声が掛かったのかサッパリ分からんのですよ。
各種一覧表とか学会参加報告が当ブログにしてはウケたので、そのせいかなぁ・・・。

グチグチ言ってても始まらないので本題に移りますね。
なぜ私は薬剤師としてブログを書いているのか。

自分の勉強のため

ハイ、自分のためです。
偉大なる諸先輩方とは違い、当ブログに崇高な理念なんぞ有りはしないのです。
信頼できる医療情報の提供だとか、最先端の知識の共有だとか、そんな大それた理念を掲げられるほど波波という人間は出来ておりません。
極めて自己中心的なのです。
だからホラ、ブログタイトルにも「独り言」って書いているでしょう?

「でも自分の勉強ならブログじゃなくても出来るじゃん」

と言われそうなので先回りして答えておきます。
私は「勉強の出来ない薬剤師」なのです。
もう少し詳しく言うと、「自己研鑽のための継続的な自発的学習」が出来ない薬剤師、です。
これがどれだけヤバい事なのかは同業者である薬剤師の方ならお分かりになると思います。
「あ~◯◯さんみたいな人か」と心当たりのある方もいらっしゃるでしょう。
そう、私は薬剤師として底辺にいるのです。

スカスカのまま迎える10年という節目

私は薬学部4年制最後の世代として社会に出ました。
自分で言うのもなんですが、大学での成績はそれなりに優秀でした。
でも社会に出れば、属する組織によっては違うかも知れませんが、少なくとも私の環境には「誰かから与えられるテスト」なんてありませんでした。
学生の頃は「テスト」という目標が与えられ、それを達成する為に何を勉強する必要があるかが明確でした。
しかし、社会に出て誰かに目標を与えられることが無くなると、途端に私は勉強が出来なくなりました。

「勉強しなきゃな」と思いながらも具体的には何も行動に移さず、なんとなく1日1日を過ごしている内に、1年、3年、5年と過ぎ去り、とうとう薬剤師として社会に出て10年が経とうとしていました。

過去を振り返っても何もありません。スカスカです。何もしてこなかったのだから当然です。
「10年」という単語だけが重く重くのしかかってくるばかりです。
いよいよヤバいと思った私は、とある行動を取ります。

Twitterを始めたのです。

勉強ツールとしてのTwitterと1つの欠点

Twitterを始めた私は、勉強になりそうな情報を発信されている薬剤師さんに「勉強させて下さい!」と片っ端から声を掛けてフォローしまくりました。
無料で様々な情報が毎日入ってくるのです。無知な私が利用しない理由はありません。
初めは情報をインプットするだけで満足していましたが、アウトプットすれば更に勉強になる、と思い自分なりに情報を発信するようになりました。情報を得る手段として、メールマガジンの購読(と言っても無料のものだけですが)数が増えました。

自分なりに試行錯誤してTwitterを勉強ツールとして活用し始めて数ヶ月経った頃、Twitterに1つだけ欠点があることに気付きました。
有益な情報であっても時間が経てば流れていってしまう、ということです。
至極当然のことですが、私にとっては死活問題です。
「あれ何だったっけ?」となった時に、迅速かつ簡単に情報を呼び出すにはどうするか。

色々試したり考えたりした結果、自分のブログを作ることにしました。

Webに残り続ける「ブログ」という媒体

実はブログには昔から興味がありましたが、怠惰な自分には務まるまい、と避けてきました。
しかし薬剤師として崖っぷちに立つことになってしまい、もう形振り構っていられません。
何が何でも継続できるように、敢えて有料ブログを選択しました。お金を支払っているので活用しなければ負債になるだけです。今のところ、この選択は功を奏しているようです。
実際に自分でブログをやってみると、ちょっとした記事を公開するにも間違ったことは書けない(当たり前ですが)ので想像の何倍も大変です。ご指摘を受けることもままあり、勉強不足を痛感するばかりです。

しかし、お金を払ってでも苦労をしてでも、ブログを続けていることに一切の後悔はありません。
Web上に自分だけの備忘録が存在する、というのは大変便利です。
「あれ何だったっけ?」→自分の記事を読み返す、というサイクルが生まれるようになりました。
情報が流れてしまうというTwitterの欠点を無事補うことが出来ています。

このように自分の勉強のために始めたブログですが、嬉しい「副作用」が生まれるようになりました。

何処かの誰かの役に立つ

自分の為に記事を書いているのにも関わらず、記事紹介ツイートに沢山のいいねが付いたりRTされたり、「勉強になった」というコメントを頂いたりするのです。
勉強のアウトプットの着地点は患者さんです。自分一人では、学んだことを還元させられる患者さんの数には限度があります。
しかし、ブログという場に公開することで見ず知らずの薬剤師の方が知識を共有して下されば、その薬剤師さんを介して見ず知らずの患者さんに還元される、という風に拡大していきます。あるいは薬剤師を介さずに、ブログ記事を通して患者さんにダイレクトに情報を提供することも可能です。
薬剤師という職業には「国民の健康増進に寄与する社会的責務」があります。
実際の現場で患者さんと接することは勿論大事ですが、インターネットが広く普及している現代に於いて、インターネットを介した活動の重要性を無視することは出来ません。

私がブログを書く理由は自分の勉強のため、と申し上げてきました。
少し嘘をつきました。すみません。
99%は自分のためであることに間違いはありません。
が、残り1%については、自分の発信する情報が患者さんに、あるいは患者さんと接する薬剤師さんにとって役立つものになって欲しい、という想いから成り立っています。
この1%の想いが成就したときの喜びは言葉では言い表せません。

まとめ

長々と私が薬剤師としてブログを書く理由を述べてきました。
私のように「ブログには興味があるけど・・・」という薬剤師さん、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
ここまで私の記事をお読み頂ける程に興味があるのであれば、是非ともブログを始めてみることをオススメします。
超絶面倒くさがりの波波にでも出来ているのですから、きっと大丈夫です。

最後に一言、「立てよ薬剤師!」と言えるほど偉くないので少し言い回しを変えて。

「一緒に立ち上がってみませんか?」

長文乱文失礼致しました。
最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます!m(_ _)m

主催者(?)である、るるーしゅ先生・Fizz-DI先生
今回のプロジェクトにお招き頂きまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • はじめまして。
    ハッシュタグ #立てよ薬剤師 から来ました!
    薬剤師さんが立ち上がってくださったこのプロジェクトに敬意と感謝をお伝えしたく、コメントさせてください。

    「あえて有料ブログで」という経緯に波波先生の「なんとしても続けなあかんねん感!」をヒシヒシと感じました。笑
    そして、ブログの情報が患者さんや、患者さんに携わる薬剤師さん達の役に立つように…という思い、まさに今の時代に必要とされることだと思いますが、そのご尽力を当たり前に思ってはいけない、その有り難さを忘れてはいけないと、いち患者として思っています。
    記事を読ませていただき、ありがとうございます。

    • りちおさん

      初めまして。波波です。
      記事をお読み頂いた上にコメントまで頂戴して誠にありがとうございます!
      天にも登るほど嬉しい気持ちと感謝の気持ちで溢れております。これだけで記事1本書けるんじゃないかと思うくらいです。
      正直言いますと、錚々たるメンツに紛れて情けない自分をさらけ出す、というのは心底勇気が要りました。
      ですが、こうしてコメントを頂けて、書いて良かったと思います。
      これからも崖っぷちギリギリで勇気出しながらブログは続けてまいります。
      気が向いたら覗いてみてください。

      最後に、りちおさんのご健康をお祈りしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です