新薬のメモ帳~アジレクト~


スポンサーリンク

長きに渡りMAO-B阻害剤の唯一神として君臨していたエフピーことセレギリン。遂にその座を脅かす者が現れた…その名はアジレクト(一般名ラサギリンメシル酸塩)。

何の薬?

→パーキンソン病治療薬。2剤目のMAO-B阻害剤。
セレギリンが「覚せい剤原料である」のに対し、アジレクト(ラサギリン)は「覚せい剤原料ではありません」!ここ重要!テストに出るよ!(マジで国試出そうですよね。)セレギリンは帳簿をつけないといけないのに対し、アジレクト(ラサギリン)は覚原ではないので当然帳簿なんて不要。楽ちん。
海外では10年以上前から承認・使用されているので日本は「やっと登場」、という感じ。

どう効く?

→モノアミン酸化酵素Bを非可逆的かつ選択的に阻害することにより、線条体におけるドパミンからDOPACへの代謝を阻害し細胞外ドパミン濃度を増加させる。ドパミン濃度上昇によりドパミン作動性運動機能障害を改善する。
・単独でのMDS-UPDRS(Movement Disorder Society- Unified Parkinson’s Disease Rating Scale)スコア改善
・レボドパ含有製剤併用による平均オフ時間の短縮

どんな製剤?

→素錠。1mg錠と0.5mg錠がある。割線は無い。
ブリスター包装での長期保存試験は36ヶ月変化無し、シャーレ開放での光安定性試験(温度・湿度成り行き)でも変化無し、有効成分の吸湿性無し、原薬は光安定。苛酷試験のデータは無い。
うーん、ブリスター包装にしなくても長期保存できそうな感じするけどなぁ。ま、作っちゃったもんは仕方ないですね。

一包化していい?

→前述の内容より問題ないと捉えて良いでしょう。パーキンソン病だとブリスターから取り出すのも一苦労することも多いでしょうし、分包する頻度は多いんじゃないかな。

粉砕していい?

→メーカーに聞いた訳ではないですけど、これまた前述の内容から問題ないと思います。素錠なので味も酷いことはないんじゃないでしょうか。

2018-09-28追記
メーカーに確認しました。粉砕と、ついでに簡易懸濁について。

粉砕

条件:1mg錠 25度 75%RH 白色蛍光下
結果:3ヶ月 含量・外観に変化なし

簡易懸濁

条件:1mg錠 水温55℃ 水量20mL
結果;5分で崩壊 4時間経過時点で含量変化なし

いつ飲む?

→1日1回。食前でも食後でもOK。アジレクト(ラサギリン)は食前に対して食後でAUCが約20%低下するというデータがあるものの、
・食後でも、常用量の1mgを服用すれば0.5mg服用よりAUCは高くなること
・各種臨床試験の有効性について朝食前・朝食後で比較しても一貫した傾向は認められなかったこと
以上の点から食後でもOKとなりました。詳しくは審査報告書をチェック!

どれだけ飲む?

→1日1回1mg。軽度肝機能障害・低体重・高齢者では低用量の0.5mg投与にすることも検討。

セレギリン(エフピー)から切り替える場合

メーカーに確認しました。
セレギリンとの換算式は無いそうです。
ですのでセレギリンを何mg飲んでいようと、切り替え先のアジレクトを1mg飲めるなら1mg、何かしらの要因で1mgが無理なら0.5mg、とのこと。

後述していますが、切り替える場合は14日間以上の間隔をあける必要があります。

副作用は?

→起立性低血圧・傾眠・突発的睡眠・幻覚・衝動制御障害・セロトニン症候群・悪性症候群が重大副作用として記載あり。

代謝は?

→主にCYP1A2によって代謝される。尿中排泄はほとんどみられない肝代謝型薬物。

併用禁忌・相互作用は?

併用禁忌はセレギリンの禁忌に+αで四環系抗うつ薬を含む。もちろんセレギリンとの併用も禁忌。
・セレギリン(切り替え時は14日以上の間隔を開ける)
・ペチジン、トラマドール、タペンタドール
・三環系抗うつ薬
・四環系抗うつ薬
・SNRI
・NRI(NSRI)
・NaSSA

相互作用について、CYP関係では前述の通りCYP1A2に関わる点に注意。具体的にはCYP1A2を阻害するシプロフロキサシンはアジレクト(ラサギリン)の血中濃度上昇、喫煙・フェニトインはCYP1A2誘導にて血中濃度低下の可能性がある。

禁忌症例は?

→中等度以上の肝機能障害(Child-Pufh分類B又はC)はCmax・AUCが2倍以上に跳ね上がるので禁忌。
ちなみに構造式はセレギリンと全然違うので、セレギリンにアレルギーがあってもアジレクト(ラサギリン)ならば問題ないと考えられる。

いつから長期処方できる?

2019年6月1日から長期処方可能となります。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です