週刊少年ジャンプ2018年35号の感想※ネタバレ注意


スポンサーリンク

しれっと続けるジャンプ感想。第2回。

僕のヒーローアカデミア

映画公開記念表紙&4周年突破記念巻頭カラー&人気投票
4周年!巻頭カラーはオレンジを基調に緑をアクセントにした衣装が華やかでいい感じ。
何気にホークスの羽が赤色と判明。ホークスは人気投票で上位に食い込むんじゃないかと予想。飄々としながらも確たる信念を抱いているキャラってカッコいい。
エンデヴァーの目、治ってたー!!リカバリーガールの存在を完全に忘れてましたよ。相変わらずチートヒーラー。でもリカバリーガールが天に召されたらヒーローサイドも大変だよなぁ、代わりを務めるヒーローは既に確保しているんだろうか。まあそこまで掘り下げられることは無いと思うけど。
夢の中でのデク、右手と顔上半分以外が黒いモヤになっているのは、まだOFAを扱えていない部位ってことかな。顔はよく分からんけど右手はガンガン使っていたもんね。
OFAの記憶が見せる初代OFAとAFOの確執。その根源は・・・

呪術迴戦

吉野くんは読者視点キャラだけでなくて虎杖と対をなす思想の持ち主と判明。てことは今後もストーリーに深く関わっていくんだろうと思う。ただ、吉野くんに幸せな結末はきっと待っていないだろうな・・・ギリギリまで上手く使われてから見捨てられる気がする。
「無関心こそ人間の行き着くべき美徳」
ベストセラー「嫌われる勇気」で全てのストレスは対人関係に拠るもの、とされているので吉野くんの考えは、元の文脈とはズレるけど、あながち間違ってはいない気がする。互いが互いに無関心でいられたら、そこには何の感情も発生しなくなる。人間の汚い部分が露呈することもなくなる。それを人間と言って良いのかは分からないが。
七海先生の死亡フラグが凄まじいことになっている件。いや、真人の術式(人間改造・呪力強制出力)を考えたら、普通に死ねたらまだマシか。人間兵器化される匂いがプンプンする。元から呪力使える人間が改造されたらストッパーが外れて呪力跳ね上がるんじゃないだろうか。真人の言う実験ってそういうこと?改造されて虎杖の前に立ちはだかる異形の七海先生とか嫌ですよ・・・。

鬼滅の刃

なんだこれは、柱VS上弦という超次元の闘いなのにギャグ回になってるよ。先週は涙腺パンチしてきたのに切り返しが凄まじいな。
個人的に「下っ手くそ」と「結構いるね」が何度読んでも笑ってしまう。「下手くそ」じゃなくて「下っ手くそ」ていう辺りとかね。あと今気づいたけどサブタイが悪口合戦なんだね。また笑うよね。
玉壺さんの変身、壺要素が無くなっちゃったね。半天狗の変身とか、堕姫からニョキニョキ出てきた妓夫太郎とか、今までのインパクトが強かったから本当に無一郎の言う通りビックリしないや。
来週は巻頭カラー!これで玉壺さんカラー飾れなかったらまた笑うなぁ。

アクタージュ

色んな顔の夜凪が見れて幸せでしたまる。
黒山監督のいう「表現力は皆忘れているだけ」ってのがどういうことなのか全く分からんですな。子ども?子どもだって感情の起伏乏しい子だっているしね。赤ちゃん?だめだ、自分で何言っているか分からなくなってきたので考察は諦めよう。
でもアレですね、小ネタをこれでもかと言うくらい挟める辺り余裕があるんだなぁと感じて安心しちゃいますね。アンケートは出すよ。

火ノ丸相撲

レイナさーーーーん!!

まとめ

先週と同じ作品の感想になってしまった。ていうか単純に今特に好きな作品がコレってことなんだろうな。
しかし早くも息切れ感のあるジャンプ感想。Twitterで適当に呟くことが如何に簡単であったか・・・。
でも継続は力なり、で続けていけばもっと書けるようになると思うし、その力はきっと仕事でも役立つことはあると思うので続ける!
しかし難しく感じるのは語彙力がないからだろうな・・・本を読もうね・・・。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です