週刊少年ジャンプ2018年34号の感想※ネタバレ注意※


スポンサーリンク

呪術迴戦

七海先生の術式講座。五条先生の無限解説は縛りによるパワーアップ効果もあったんだね。まぁしなくても漏瑚さんには余裕で勝てたような気もするが。
で、七海先生の術式はゲーム化した時にものすごい映えそう。うん、すごいゲームっぽい。

虎杖VSせんざい呪霊
虎杖は呪具使うんじゃなくて拳で行くスタイルなんですね。鉄球をピッチャー投げするパワーだもんね、呪力使えるようになれば体術自体を武器にするのは当然っちゃあ当然か。
逕庭・・・隔たりの甚だしいこと。かけはなれていること。漫画家さんのこういう語彙ってどこからくるのかな?辞書をベロベロ舐めるように読んでいるんだろうか・・・絶対違うと思う。
逕庭拳の描写、解説がハンタ感満載(褒め言葉)。七海先生の「100%の体術に100%の呪力を乗せられるようになれば」ってのはゴンのジャジャン拳グーですね分かります。しかもこれから宿儺による術式も身に付けていく訳でしょ?虎杖の潜在性半端ないね。

真人の術式=人間の改造、呪力の強制出力(?)。「正しい死」を求める虎杖。
真人がラスボスとして、虎杖は茨の道を行かねばならないね。現れる敵が呪霊でなく人間かも知れないのだから。改造された人間をどう捉えるか、伏黒と虎杖はまた一悶着ありそう。

前に五条先生が言っていた「未登録の特級」について。
正式には「特級仮想怨霊」、九尾の妖狐とトイレの花子さんが例に挙がったということは今後いろんな妖怪や幽霊も出てくるのかな・・・?ワクワク。

そして明かされる真人たちの正体・・・いやちょっと待て、まだ20話なんだが。芥見先生は出し惜しみという概念を知らないな?でも話の流れとしてとても自然で心地良い。芥見先生のストーリーテリングは非常に自然で滑らかで心地良い。
真人の領域でプカーと浮いていたカワイイのは海の呪霊らしい。漏瑚さんは大地の呪霊らしいが、それを手玉に取る五条先生の強さよ。無限だもんね、仕方ないね。天災というと他には雷とか雪とか火とかロギア系も出てきそうな予感。
吉野くんは今のところ読者目線として大活躍しているけど今後はどう動くのか?というのも気になるところ。

しっかし今週も濃いな!!話が濃い!!情報量がめっちゃ多いのも呪迴の魅力の一つである(妄想が捗る

鬼滅の刃


扉のモノローグから涙腺を壊しにかかってくるワニ先生。
「どれだけ善良に生きていたって 神様も仏様も結局 守ってはくださらないから 俺がお前を守らなければと思ったんだ」
鬼滅の刃ってこういうお話だよね。悲しい、ただただ悲しい現実があって、神の慈悲なんて無くて、それに立ち向かう炭治郎たちに惹かれるんだ。

鋼鐡塚さんの目が・・・。玉壺が「潰した」と言っている以上、表面的な傷ではなくてマジで潰されたのか。隻眼になると遠近感狂うと思うけど刀鍛冶として、これから先大丈夫なのか・・?

そんな心配を他所に白熱する無一郎VS玉壺。
無一郎の顔つきがね、痣ができたとか外見の変化は置いといて、顔つきが全然違う。瞳に光が宿った?と思って先週以前を見返したけど同じで。でも明らかに顔つきが違うんだ、覚醒無一郎めっちゃかっこいいな・・・そして日輪刀を手にした時の一枚絵よ。主人公かな?白い刀っていいね・・日輪刀の色変わり設定いいよね、アニメになったらその良さがもっと分かると思うんだ。楽しみで仕方ない。
鉄穴森さんの前の担当刀鍛冶・鉄井戸さんとの回想シーンと無一郎のモノローグ、また涙腺を壊しに・・。
「誰が分かってくれようか」繰り返されるこの言い回しがね、まるで短歌を読んでいるような美しさ。ワニ先生の台詞回しは本当に美しいんだ。日本語の美しさを最大限に発揮していると思う。

「だけど俺は もう 大丈夫だよ」
伍ノ型 霞雲の海
なんて美しい見開き・・・。水の呼吸の「流流舞い」に近い技かな?

「次は斬るから」「舐めるなよ小僧」
王道だね!
ただ心配なのは、無一郎がマヒ攻撃を受けていること。宇随さんの時もそうだったけど、状態異常攻撃に関して絶対有耶無耶にしないと思うのね。だから今でこそ動けているけど、後から絶対マヒがくると思うのね。じゃあ蜜璃ちゃんが助けに来るよ、とすると炭治郎たちがピンチなわけで。
柱が1人足りない!至急もう1人来てくれ!

アクタージュ

銀河鉄道の夜・カムパネルラ役に抜擢される夜凪。
いきなり明神とW主演とは予想外でした。演劇編もかなり期待できそう。ていうか既に面白いが。

何を以て役者のプロと素人を区別するのか?
「役者を名乗る覚悟があるかどうか」という明神の答えには成る程と思う。何かの引用なのかな?
「君 役者?」改めて問われ考える夜凪。
「今は違う」「私はー」
ここの構成うまいなぁ、ぐっと引き込まれてしまった。
嘘みたいだろ?アサガヤTシャツ着てるんだぜ・・・?

デスアイランド編では通用したリアル過ぎる芝居も、静かな役、こと演劇においては観客に伝わらない。
てな訳で修行スタート!ちゃんと少年漫画してるぅ。
正直デスアイランド編がめっちゃ面白かったので、その後が霞んでしまわないか心配だったんですけど、ちゃんと掴んだ勢いをキープしてますね。掲載順も良いし安心して見ていられそう。当然アンケは出すよ!

僕のヒーローアカデミア

スナッチのことを果たしてどれだけの読者が覚えているだろうか・・・コミックス買っている勢じゃないと厳しい気がする。

荼毘の炎は青い、ということは轟やエンデヴァーより高温ってことだね。エンデヴァーにも面識は無し。轟の腹違いかと思っていたけど、「遺族」という単語を思い返していた辺り、違うのか?引っ張るねぇ。
新たに判明した敵「氏子(うじこ)」。OFAが使っていた座標転移能力は氏子から借りていた・・ん?OFAはオールマイトに倒されて即拘束されたから能力返却する暇なかったと思うが・・能力の譲受、譲渡に直接接触は必要ないのかな?
そしてぐんぐんあがるホークス株。惚れてまうわ・・。
来週は巻頭カラー!堀越先生のカラーは毎回すごいので楽しみ!

火ノ丸相撲

おお?!先週のヒキからして刃皇相手にもう少し粘るかと思いきや。
数珠丸にも敗戦・・・悪夢を見ているよう。
刃皇裁判でモヤモヤが吹っ飛んだのかと思わせといて、か。いやー予想外予想外。
でも確かに刃皇だけで解決してたらレイナさんの見せ場がないもんね。
ドキドキ感ゼロ・・・いや、怖い方のドキドキ感満載でラブホ突入!どうなることやら。

まとめ

しれっと始めてみたジャンプ感想。
中高生の頃からジャンプ感想ブログを読むのが好きで、自分でもやってみよう!と書き出してみたものの予想以上に難しくて、とてもじゃないけど全作品は無理。なので特に面白かった作品だけピックアップして書く形式でいってみます。
趣味枠の記事だし楽しくいかないとね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です