備えておこう!オススメの市販薬~風邪薬~ 


スポンサーリンク

こんにちは、薬剤師の波波です。

突然ですが、あなたのご自宅に風邪薬はございますか?

「無いよ」という方、風邪でしんどいのに薬を買いに行くのは大変ですよね。是非こちらの記事を参考にして、急な風邪に備えておきましょう。ちなみに、病院に行っても風邪を魔法のように治してもらうことは出来ません。薬を処方してもらっても市販薬と大差ありませんし、抗生物質は風邪の原因であるウイルスには全く効果はありません。風邪を治すのは「あなたの身体」であって、「あなたの身体」にとって一番の薬は「休養」、そして「薬」「休養」を妨げる頭痛や咳など不快な症状を緩和させる為のものです。風邪をひいてしまった時、すぐに十分な休養がとれるよう薬を常備しておくことが大切です。

それでは、症状ごとにピンポイントで使える薬を紹介していきます。

※総合感冒薬は膨大な数がある為、この記事では紹介致しません。総合感冒薬をお求めの際は、お近くの薬局・ドラッグストアにて薬剤師・登録販売者にご相談下さい。

発熱・頭痛や喉の痛み、関節痛

子どもから使えるアセトアミノフェン製剤がオススメです。ただし、発熱が不快ではない(睡眠を邪魔しない)場合は服用する必要はありません。発熱は体内のウイルスを弱らせる為の身体の防御反応ですので、無理に解熱させると風邪が長引く恐れがあります。

15歳以上で、アセトアミノフェンでは効果が弱い・喉の腫れや関節痛の症状が辛い、といった場合は抗炎症効果に優れ速効性のあるロキソプロフェンナトリウム製剤がオススメです。ただし、ロキソプロフェンナトリウムは胃を荒らすことがあるので、胃粘膜を保護するテプレノン製剤のセルベールを一緒に服用することを推奨します。

アセトアミノフェンタイレノールA小児用バファリンCII小児用バファリンチュアブルこどもパブロン坐薬

ロキソプロフェンナトリウムロキソニンSロキソプロフェン錠「クニヒロ」 + セルベールセルベール整胃錠

咳止めの効果は強いが副作用リスクが気になる「コデイン類」を配合していない、プレコール持続性せき止めカプセルをオススメします。医療用医薬品のメジコンと同じ成分のデキストロメトルファンに加え、メチルエフェドリン・クロルフェニラミンも配合されているものの、市販の咳止めの中では非常にシンプルに咳をターゲットとした配合となっています。

プレコール持続性せき止めカプセル

痰の排出を助けるブロムヘキシン(医療用ビソルボン)とカルボシステイン(医療用ムコダイン)の2成分のみ配合している下記4製品がオススメです。

ストナ去たんカプセルクールワン去たんソフトカプセル去痰CB錠エフストリン去たん錠

子どもの咳・痰

子ども用の市販薬には、咳・痰のどちらか一方だけを緩和する製品は残念ながらありません。オススメは、咳止め+痰切りのみ配合の下記2製品です。
キッズバファリンせきどめシロップSは医療用メジコンと同じデキストロメトルファンを配合しています。
ヒヤこどもせきどめチュアブルは医療用アスベリンと同じチペピジンを配合しています。

キッズバファリンせきどめシロップSヒヤこどもせきどめチュアブル

鼻水・鼻づまり

睡眠を妨げない為にカフェインを配合していないこと、口が乾きやすくなるベラドンナ総アルカロイドを配合していないこと、この2点から以下の製品をオススメします。

ストナリニSキッズバファリン鼻炎シロップSムヒのこども鼻炎シロップS

悪寒(ゾクゾクする寒気)

寒気がする時は解熱剤を使わず、身体を温め発汗作用もある麻黄湯・葛根湯を服用しましょう。寒気や関節痛が強い時は麻黄湯、寒気が弱い時や肩こりがする時は葛根湯を服用し、水分をこまめに摂取して温かくしましょう。汗をたくさんかいて寒気が無くなったら服用を止めて下さい。寒気が無くなった後であれば、必要に応じて解熱剤を服用しても構いません。

クラシエ・ツムラなど各メーカーの製品

最後に

市販薬を服用する際は、注意事項をよく読み、用法用量を守って服用して下さい。
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です