オロナインは何に効く?


スポンサーリンク

何となく「何にでも効く」イメージのあるオロナイン。
正式名称は「オロナインH軟膏」大塚製薬より販売されています。
効能効果は
「にきび/吹出物/はたけ/やけど(かるいもの)/ひび/しもやけ/あかぎれ/きず/水虫(じゅくじゅくしていないもの)/たむし/いんきん/しらくも」
と沢山あります。
こんなに沢山の症状に効果があるとされているオロナインH軟膏って何者なんでしょう?
波波的に分かりやすく言うと「殺菌ワセリン」です。

オロナイン=殺菌ワセリン

なぜ「殺菌ワセリン」なのか?有効成分と添加物を見ていきましょう。

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)10mg
添加物:ラウロマクロゴール/ポリソルベート80/硫酸Al/K/マクロゴール/グリセリン/オリブ油/ステアリルアルコール/サラシミツロウ/ワセリン/自己乳化型ステアリン酸グリセリル/香料/精製水

有効成分は「クロルヘキシジン」という殺菌成分が入っているのみ。
添加物を分類すると以下の通り。
油性成分:ワセリン・サラシミツロウ・オリブ油・ステアリルアルコール
水性成分:グリセリン・精製水
正確に言うと「殺菌効果のある柔らかめの軟膏」でしょうか。でも長くてタイピングが面倒なので「殺菌ワセリン」としますね。

では、殺菌ワセリンは前述した諸々の皮膚症状に効くのでしょうか?

う~ん・・・・・・波波が使うとすれば擦り傷に使うくらいかなぁ・・・。
水で患部の細菌や異物を洗い流した後、水分をしっかり拭き取ってから塗るといいでしょう。

傷以外にオロナインは効かない?

では傷以外の効能効果に記されている皮膚疾患について、オロナインが効果的かどうかみていきましょう。

にきび/吹出物

正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」。
皮脂の過剰分泌と、毛穴の先が詰まる(角質層の肥厚)ことにより皮脂が溜まることから始まり、続いて皮膚常在菌であるアクネ菌が増殖して炎症を起こします。

市販薬でニキビというと「クレアラシル」が有名かと思いますが、クレアラシルの「ニキビ治療薬クリーム」には有効成分として「角質軟化成分」が含まれいています。原因の一つである毛穴の詰まりを和らげるので、治療として理にかなっていますね。
病院で貰う、または処方してもらう医療用医薬品では、「ディフェリン(アパダレン)」という薬が日本皮膚科学会から推奨されています。この薬も毛穴の詰まりを解消する(角質層を薄くする)ことでニキビを治します。

殺菌ワセリンことオロナインではどうでしょうか。ある程度のアクネ菌を殺菌することは出来るかも知れませんが、毛穴の詰まりは解消されないので根本的な治療にはなりません。

やけど(かるいもの)

軽い火傷、というのは水ぶくれができない程度の火傷を指します。赤くなりヒリヒリ痛む状態ですね。
またまた日本皮膚科学会のHPを参照すると、軽い火傷であれば「炎症を抑える軟膏が有効」とあります。
オロナインは前述したとおり殺菌成分しか含みません。オロナインを使うとすれば「患部を清潔に保てない場合の細菌による二次感染の防止目的」くらいでしょう。
水ぶくれができる程の火傷の場合、傷跡が残る可能性もあるので病院に行きましょう。

ひび/あかぎれ

皮膚の乾燥が原因となるので、保湿がとても重要です。殺菌は不要です。

ひび:普通のワセリンや保湿剤を使いましょう。
あかぎれ:普通のワセリンや保湿剤、炎症を抑える成分を含む軟膏を使いましょう。

しもやけ

血行不良が原因で起こります。ビタミンE(トコフェロール)など血行改善作用のある成分を含む塗り薬が効果的です。
殺菌は不要です。

はたけ(顔面単純性粃糠疹)

アトピー性皮膚炎と見た目が似ているので、鑑別してもらう為に皮膚科に行きましょう。
はたけであれば特に治療は必要としません。殺菌は不要です。

水虫(じゅくじゅくしていないもの)/たむし/いんきん/しらくも

全て「皮膚糸状真菌」という真菌(カビ)が原因で起こります。発症する部位によって呼び方が変わります。
糸状真菌は抗菌薬に対する防御力が高く、オロナインに含まれるクロルヘキシジンでは効果は薄いです。
「ラミシール」「ブテナロック」などに代表される「抗真菌薬」による治療が効果的です。

皮膚常在菌とオロナイン

見た目がどれだけ綺麗でも皮膚には菌が存在します。皮膚に常に存在する菌、皮膚常在菌と呼ばれます。常在菌は皮膚の健康維持に欠かせない存在です。
安易にオロナインを使うと常在菌を殺してしまうのでオススメできません。

まとめ

オロナインは万能薬とは言えません。症状を把握し、適切な治療方法を選んで下さい。
市販薬は沢山あるので、薬剤師・登録販売者にお気軽にご相談下さい。

参考

日本皮膚科学会
Skin microbiota: Microbial community structure and its potential association with health and disease(PMID: 21463709)
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です